いたや歯科の診療 神経の治療

神経の治療

歯の根の治療(根管治療)は、深い虫歯などの治療の結果、歯の神経を取ったあと、神経が入っていた根管をきれいにして、奥まで薬を入れる治療です。

歯の根の治療は重要な治療です

歯の根の治療は、建築でたとえれば、基礎部分にあたります。
ここが不適切な場合、建物として成り立たないのではないでしょうか?
たとえ不適切でも、検査をしたり、実際に地震が起きたりしなければそうと解らないわけです。
同じように根管治療も多くの場合、ある程度時間が経ってから問題となります。

つまり治療を受けた時点では患者さんには全くわからないことが多く、長期間自覚のないまま放置され、再度自覚症状が出てきたときには病状は深く進行しているのです。
このような事の無いように、歯の根の治療は時間をかけてじっくりと徹底的に行います。

丁寧さが求められるので、時間がかかります

歯の根の治療は、咬む機能の回復の為にのせる被せ物の土台になる根の部分の治療ですので、歯を残すために最も大切な処置です。 しかし根管の形は歯の種類に様々で、部位によってはとても複雑な形をしています。 この作業は手作業になるため、時間を掛けて歯の根の治療(根管治療 )を行なわなければなりません。
中途半端な治療をしてしまうと、根の先まで完全にきれいに出来ず、後になって根の先に膿が生じて痛みが再発することがあります。根管治療は時間と根気のいる治療なのです。

Copyright (C) 2009 Itaya Dental Clinic. All Rights Reserved.