いたや歯科の訪問歯科

訪問歯科

訪問歯科について

  • 訪問歯科とは
  • 誤嚥性肺炎
  • 往診日記
  • 活動
  • 費用について
  • お申し込み
通院が困難な方のために歯科診療にお伺いします!

お口の健康は、体の健康だけでなく心にも直結する大切なものです。
「おいしい食事」「楽しい会話」は、毎日を生き生きと過ごすためにとても大切で、そのすべての入り口がお口です。
しかし、身体的な問題や施設に入っている方は歯科医院に行く事が困難です。そんな方々のために「訪問歯科診療」があります。
現在、介護の現場へ歯科医が訪問して治療やケアを行うことは常識となっています。

経験豊かな歯科医師が訪問いたします

いたや歯科クリニック院長 板谷篤泰いたや歯科クリニック院長
板谷 篤泰(いたや とくやす)
・三鷹市歯科医師会 訪問歯科診療 委員会 委員長
・日本口腔ケア学会 会員
・日本在宅診療学会 会員
・日本摂食嚥下リハビリテーション学会 会員

訪問診療エリア

三鷹市・武蔵野市・調布市・杉並区・世田谷区

歯科医師等が訪問してこんな治療が受けられます。

・口腔の清掃、歯石除去、歯垢除去
・歯周疾患、う蝕の治療
・義歯の調整、修理、作成
・抜歯等
・義歯の使用等の歯科保健指導

上記の治療を行うことにより
・口臭予防
・口腔ケアで感染症予防
・誤嚥性肺炎の予防
・摂食嚥下障害のリハビリテーション
・脳の老化予防
・唾液がよく出てがんの予防
等の効果が得られます。

治療後に口腔ケアの必要な方に対して少しでも在宅での快適な生活をしていただくようにお手伝いをしております。口腔ケアが十分に行われることにより、口腔機能の維持・回復されることのみならず、誤嚥性肺炎が減少したり、栄養状態の改善により(縟瘡)がよくなったり、表情が豊かになるなど身体的にも回復し、QOLの向上に役立つことが認められてきています。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎とは、誤嚥が原因で起こる肺炎です。
口の中の病原菌が寝ている間に唾液や食べカスとともに、少しずつ気管から肺内部に吸い込まれてしまうのが大きな原因です。

平均寿命が男性78.79歳、女性85.75歳と益々高齢化が進むなか、高齢者の死亡原因のひとつである肺炎(誤嚥性肺炎)が注目されています。増齢と共に咳反射、嚥下反射が劣り、その結果、誤嚥を引き起こし易く、これは防ぎ難いものです。しかし、唾液等を誤嚥しても、それが清潔であれば肺炎を引き起こすことはありません。その為にも、口の中を清潔に保ち、口の中の疾病を予防することは、寝たきりになってしまった人にとって大切なことです。

日常の歯磨きや入れ歯の清掃・手入れなどを行っていない場合や不十分な場合、口の中で細菌が繁殖を続けていますので誤嚥性肺炎になるリスクが非常に高い状態になります。訪問歯科のケアにより、口腔内の細菌を減らし、誤嚥性肺炎のリスクを低減させることができます。
予防として有効な方法は、食後は歯磨きをすることです。
また歯磨きができない状態でも、うがい薬や水でうがいをしてください。
入れ歯もきれいに洗いましょう。

往診日記

■ご挨拶

経験豊かな歯科医師とスタッフが訪問いたします経験豊かな歯科医師とスタッフが訪問いたします。


■問診

問診まずはお話をお聞かせ下さい。

■診査・診断を行います

診査・診断を行います次にお口の中を拝見いたします。
必要に応じて、ポータブルレントゲンを使用します。
その上で診断し、現状とこれからのこと、治療方法などをご説明いたします。

■治療

なるべく負担がかからないように配慮して治療を行いますなるべく負担がかからないように配慮して治療を行います。

■定期的なケア

定期的なケア治療は症状によって内容も回数も違います。
1回ですむこともあれば、数回にわたることもあります。

いずれにしましても、治療が終了した後はできるだけ、ご自身で歯のセルフケアを行なって下さい。
以後、定期的にメンテナンスを受けていただき、健康な状態のお口を維持して下さい。

活動

いたや歯科クリニックでは口腔ケアの重要性の啓蒙の為に無料歯科検診や勉強会、出張セミナーを行なっております。

無料口腔ケア
要介護の方には無歯顎の方も多くいらっしゃいます。
お口の中の清掃やそしゃく機能の回復の為のマッサージも行なっております。

無料検診
虫歯や歯周病の検査をおないます。

勉強会・出張セミナー(口腔ケア、嚥下リハビリテーション)
ケアマネージャーさん、介護事業所所員様向けに
開催しております。

訪問歯科診療の費用について

医療保険の適用になります

①後期高齢者の方
【75歳以上の方】
【65歳以上で広域連合から障害認定を受けた方】
定率1割自己負担(現役並所得者の方は3割自己負担)

②前期高齢者の方
【65歳から74歳の方】
65歳から69歳までの方は、お持ちの保険証に準じて自己負担
70歳から74歳までの方は、2割もしくは3割自己負担
(但し2割自己負担者は平成22年3月まで1割自己負担)

③障害者・生活保護の方
各市町村の減免と同じ取り扱いです。

④一般の方
一般の医療保険の自己負担と同じ取り扱いです。
高額医療費の自己負担限度額を超えた場合は還付されます。


介護保険の適用になります
①歯科医師によるもの
1回500円(月2回まで)

②歯科衛生士によるもの
居宅の方は、1回350円(月4回まで)
居住系施設入居者等の方は、1回300円(月4回まで)
居住系施設入居者等とは、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居されている方

・交通費、お礼などは、一切必要ありません
・料金、治療期間などは、お口の状態によって異なります
 ご不安な方は、お伺いする歯科医師にお気軽におたずね下さい
・医療保険と介護保険の自己負担が、同一訪問時に同時に発生する場合があります

お申し込み

ご希望される場合は、直接当院へ、またホームヘルパーさん、各施設職員さん等を通して申し込んで頂ければすぐに対応いたします。

■お申し込みは、申込書をダウンロードしていただき、ご記入のうえ、FAXで送信して下さい。
FAX:0422-42-4182

申込書をダウンロード (PDF84KB)

在宅無料歯科検診について

無料検診のご案内三鷹市では、歯科医院に通院することが困難な方を対象に、無料で健診・相談を行っています。
健診・相談を希望される方は、下記要項にしたがい申し込みをしてください。
事前に健診日程及び必要事項を確認のうえご訪問いたします。


無料 [在宅歯科検診] の流れ

①三鷹市健康推進課へ電話します。 
0422(46)3254
②「在宅歯科検診の用紙を送って下さい」とお申し出ください。
③患者様の「氏名・住所・生年月日」をお伝えください。
④同時にお付添のご家族様の検診も受ける事ができますので、 その方の「氏名・住所・生年月日」もお伝え下さい。
⑤後日、郵便で検診表が届きます。
⑥伺った歯科医師にお渡しください。



こちらのPDFもご利用下さい。在宅無料歯科検診についてPDF

Copyright (C) 2009 Itaya Dental Clinic. All Rights Reserved.