いたや歯科の診療 入れ歯

入れ歯

虫歯や歯周病などにより、歯を失ってしまった場合、再び噛めるように、その部分を修復しなければなりません。
その方法の1つに義歯(入れ歯)による修復があります。
現在では材料、技術の進歩によりさまざまな優れた義歯(入れ歯)が存在します。
当クリニックではあらゆる種類の義歯(入れ歯)を取り扱っていますので、お悩みの方は、ぜひご相談ください。

入れ歯の必要性

歯を失った場合は、なるべく早めに修復するのが望ましいといえます。
歯の無い状態が永く続くと、周りの歯が動いたり、顎の骨が退縮したりしてしまいます。
また、見た目にも大きくな影響があり、入れ歯などをいれることで、唇が張り、若々しくなります。
最近は、脳にも良い影響があると言われています。 記憶や認知などにも、入れ歯の有無は影響するようです。

保険でつくれる部分入れ歯(クラスプデンチャー)

部分入れ歯を固定する為には、隣の歯に入れ歯を支えてもらう必要があります。
その支える歯にひっかけるバネをクラスプといいます。
クラスプ義歯は、一般的な部分入れ歯で、基本的には保険を使ってつくることができます(一部、設計によって保険が使えないものもあります)。 残った歯を支えにして入れ歯を固定する、最も基本的な入れ歯です。

クラスプ義歯の特徴

クラスプ義歯は、歯科の歴史上、古くから使われてきました。
様々な研究のもとで考え方が確立されている実績のある入れ歯で、調整・修理がしやすい部分入れ歯ですが、 反面、支える歯に負担をかけ、部位によってはクラスプ(銀色のバネ)が目立つこともあります。

ノンクラスプ・デンチャー

ノンクラスプ・デンチャーは、バネの無い入れ歯です。
従来のレジンで作られた入歯よりも薄く作れ、フィット感に優れていますので自然に近い装着感が得られ咬む力も増します。

左の画像のように、ノンクラスプデンチャーはとてもしなやかで柔軟性にも優れていますので、お口にぴったりとフィットし、ずれにくく快適に噛むことが出来ます

保険でつくれる総入れ歯(レジン床)

レジン床とは、ピンクのレジン(プラスチック)でつくられた一般的な入れ歯です。
保険でつくれ、入れ歯の調整や壊れた場合の修理が比較的簡単です。
欠点として、樹脂性で強度が劣るのをカバーするため厚く、大きくなり、入れ歯を新しく作った当初は、どうしても違和感やあたるところなどがでてきます。

レジンの耐久性

レジンはこの数十年間入れ歯の材料として使われてきたものです。
悪臭・刺激・毒性が無い、滑らかできれい、などはレジンの良い点です。
欠点として、金属床の入れ歯などに比べ厚く、大きくなります。
また、食べ物の温かい、冷たい、などが分かりにくいです。

金属床(きんぞくしょう)義歯 ~うすく、温度の伝わる入れ歯~

入れ歯の顎部分を大きくおおう部分を床と言います。
この床を金属にしたのが金属床の入れ歯です。
金属は熱をはやく伝えるので、食べ物の温かい・冷たいがすぐわかり、食事の楽しさが増します。
入れ歯にすることで、食事の楽しみが減ってしまうのは残念なことです。
金属床の入れ歯なら、食事を楽しむことが出来ます。

金属床は薄くて快適、耐久性もアップ

床を金属にすることで、薄く強くすることが可能になりました。
舌の動きも楽になるので、発音しやすく日常生活がより快適になります。
また、臭いがつきづらく、衛生的にお使いいただけるのも金属の良い点です。
お口の臭いが気になる方などにもおすすめです。

金属床にも種類があります。
金属の種類 純チタン コバルト・クロム合金 ゴールド
特徴 食べ物の味を損なわない
とても軽い
丈夫で長持ち
純チタンより重い
食べ物の味を損なわない
重い
どの素材も体に優しく、精密に作ることができます。
また食べ物の温かい、冷たいがすぐ分かるので食事がより楽しくなります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャーは、残った歯の根っこに磁石をつけることで、入れ歯を固定するものです。
磁石を使うため、しっかりと固定できます。入れ歯をしていることを忘れてしまうほどの自然な装着感です。

磁力で自然な装着感 歯やあごにもやさしい入れ歯

磁力でひきつけられるので、入れ歯をお口に持っていくと自然に正しい位置に運ばれます。
部分入れ歯では、かみ合わせの力で支えに使われる歯に大きな負担がかかりますが、磁石が力を逃がすように働くので、支える歯にやさしい作りになっています。

歯に磁石をつけて大丈夫?

抜くしかないとあきらめかけていた歯や、根っこだけが残った歯に磁石をつけます。
残った歯の根っこに金属のつめ物をして、その上に磁石をはめ込みます。

特別な手入れは不要

お手入れは、普通の入れ歯と変わりません。
構造がシンプルなので、食べかすの心配も少なく、掃除も簡単です。

インプラントデンチャー

インプラントデンチャーは、オーバーデンチャーで支えにしていた歯の変わりに、インプラントを支えにする入れ歯です。
顎の骨に埋入したインプラントに入れ歯をひっかけ、安定させます。
歯が全くなくなった場合でも、インプラントにすることで、咬む機能を回復させることが出来ます。

いたや歯科クリニックでは、お口の中の状況や患者様のご希望によって、最適な治療法をご提案します
お気軽にご相談ください。

Copyright (C) 2009 Itaya Dental Clinic. All Rights Reserved.